menu
閉じる
  1. 失敗しない葬儀社選び
  2. お墓の種類について
  3. 家族が認知症と診断されたら一番はじめにする事
  4. 介護福祉士の受験資格を緩和?
  5. 認知症を予防する生活の工夫
  6. 良い介護施設は手厚い介護するとは限らない!施設見学の注意点
  7. お墓を買うなら必ずココをチェック!
  8. 気になる葬儀にかかるお金の話
  9. 介護施設の「ケアの質」確認3大ポイント
閉じる
閉じる
  1. 低所得者のための費用負担軽減策
  2. 突然の臨終・葬儀にこまらないために
  3. お年寄りの気になる症状とチェックポイント
  4. 初めてホームヘルパーが来る日の注意点
  5. ケアマネって何をするの?ケアプランって?
  6. 介護報酬マイナスの改定について
  7. オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)ってなに?
  8. 経済連携協定(EPA)に基づく外国人介護福祉士候補者78名が合格(厚生…
  9. 合格者5400人余り減の介護福祉士国家試験
  10. 認知症ケアの方針を厚生省の調査が調査
閉じる

家族のため

カテゴリー:介護

介護保険では応益負担が基本原則で所得に着目した減免策は原則として導入されませんが実際はいくつかの減免策が強化されています。所長村が事業者となっている介護サービスでは利用者負担の軽減策があります。これは低所得者に対して利用者負担額の1/4…

ホームヘルプサービスの開始の日はサービスを提供する事務所の責任者やケアマネなどが一緒にヘルパーと同行するケースが少なくありません。トラブルが起きた時に備えて顔合わせはとても重要です。はじめにサービス内容や手順を確認しておきましょう。ヘルパー…

ケアマネ(ケア―マネージャー)は正式には「介護支援専門員」と呼ばれています。介護保険制度は複雑で必要な時にすぐ介護サービスを利用することができるわけではありません。そこで必要になってくるのが状況に合せた適切なサービスを受けられるようにしてく…

介護の現場においてどうしても事故が発生してしまいます。介護現場における事故の8割以上が上位2位までの事故に当たると言われています。要介護者の場合は反射神経が衰えているために防御がとりにくく、骨や皮膚がもろくなっています。そのため転倒や転落と…

介護の原則が「自立支援」だから「依存」はだめ?介護保険制度は基本理念は「自立支援」です。自立支援だからと言って依存するする事が”あってはならない”というわけではありません。人は子供の時には親に依存し、大人になっても病気の時には医療や看護…

年を取ってくると歯医者にいくのが面倒にになって多少歯が痛くても我慢してしまいがちです。歯も身体の健康も日ごろの検診が大事です。食べ物を自分の歯で食べる事は元気に生活して行くためにとても重要です。歯が痛くなったら歯医者いって治療する事が一…

日中に具合が悪くなった際はすぐに病院に行けますが、夜間や休日にケガや病気、具合が悪くなったりしたら困りますよね。日が落ちると暗くなり気温も下がりますので体調を崩したり暗がりで転倒などということも少なくありません。深夜におこる病気やけがに対応…

認知症と診断されたら生活、対応方法など様々なことを事を決めなくはいけません。認知症の症状が身体的疾患によって一時的に示した場合、原因となった病気の治療を優先して行います。認知症は記憶や様々な行動の障害がおこります。現段階では失われた機能を元…

会社の就業規則や福利厚生、健康保険組合の取り組みを把握しているでしょうか?就業規則とは会社と従業員の雇用契約を決めたもので賃金・昇給・労働時間・休日・退職・災害補償といった労働条件や服務規律が文章化されています。会社の決まりや規則を知らない…

年と共に発症率が高くなり認知症。認知症の原因はアルツハイマー病と脳血管性によるものだと言われています。現在アルツハイマーについての原因はまだ解明されていないが、脳血管性のものは多く原因が脳卒中です。 ということは脳卒中を予防するという事は認…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 介護保険では応益負担が基本原則で所得に着目した減免策は原則として導入されませんが実際はいくつかの減免…
  2. 臨終後の手続き死亡診断書を受け取る病院で亡くなった場合は臨終に立ち会った医師に、自宅でなくな…
  3. 年を取ると身体は若い時と同じようにはいきません。めんどくさがらず些細なことでもお年寄りの訴えには耳を…
  4. ホームヘルプサービスの開始の日はサービスを提供する事務所の責任者やケアマネなどが一緒にヘルパーと同行…
  • 簡単にわかる!遺産分割・相続順位・法定相続分
ページ上部へ戻る