menu
閉じる
  1. お墓の種類について
  2. 介護施設の「ケアの質」確認3大ポイント
  3. 介護福祉士の受験資格を緩和?
  4. 家族が認知症と診断されたら一番はじめにする事
  5. お墓を買うなら必ずココをチェック!
  6. 認知症を予防する生活の工夫
  7. 失敗しない葬儀社選び
  8. 良い介護施設は手厚い介護するとは限らない!施設見学の注意点
  9. 気になる葬儀にかかるお金の話
閉じる
閉じる
  1. 低所得者のための費用負担軽減策
  2. 突然の臨終・葬儀にこまらないために
  3. お年寄りの気になる症状とチェックポイント
  4. 初めてホームヘルパーが来る日の注意点
  5. ケアマネって何をするの?ケアプランって?
  6. 介護報酬マイナスの改定について
  7. オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)ってなに?
  8. 経済連携協定(EPA)に基づく外国人介護福祉士候補者78名が合格(厚生…
  9. 合格者5400人余り減の介護福祉士国家試験
  10. 認知症ケアの方針を厚生省の調査が調査
閉じる

家族のため

お墓を買うなら必ずココをチェック!

江戸時代からはじまったお墓事情の今と昔

江戸時代のお墓日本で庶民のお墓が一般的になったのは江戸時代にはって檀家制度ができてからと言われています。檀家制度は江戸幕府の宗教統制政策から生まれた制度で寺院を維持するためお布施を払う事が義務とされていました。檀家制度は戸籍管理の役割も担い、所属する寺院の檀信者であり証明(寺請証文)がなければ、旅行や転居もできなかったのです。明治時代になって信教の自由は認められましたが檀家の関係は続きました。ですが時代とともに檀家との関係が薄くなり途切れつつあるのが今の時代です。夫婦で違う宗教ということも少なくないため故人に対する意識も様々でお墓問題が複雑になってきているのは事実です。

お墓の買う際の基本知識

よく勘違いされるのですが、「お墓を買う=その土地の所有権買う」と思われるがちですが実は違います。「墓地を買う」というのは宅地のようにその土地の所有権を取得するのではなく、あくまで「永代にわたって使用する権利」を得る事です。お墓1永代使用というのは子孫代々が引きついで利用できます。しかし引き継いで利用するためには「永代使用料」を払わなければいけません。「永代使用権」は墓地所有者と利用者がかわす契約に基づくもので法的な権利ではありません。そのため「三親等まで」「親族に限る」など墓地の規定によって変わってきます。墓地は第三者に売ったり譲ったりすることはできません。お墓を立てる以外、他ごとで使用することもできません。また基本的に契約を解除して墓地を返却した場合でも永代料金はもどりません。解除の際は契約者が費用を負担して墓石などを撤去し更地にして返還する規約が一般的です。

墓地にお墓を立てるための費用は?

立地条件、墓地の面積、公営や民営か永代料金など設定金額が様々なため、墓地によって異なります。公営は民営より金額が安いイメージですが都立霊園など一区、画数百万円の墓地もあります。墓地購入後に毎年管理費がかかります。お墓2
一定期間支払が滞ると永代利用権が取り消されることもあります。永代利用の規定はさきほど説明させて頂いた通り墓地によって様々なので契約前に契約書をきちんと確認することが大切です。お墓を建てるには「永代使用料」「年間管理用」「墓石建立費用」が必要です。※墓石建立費用の目安は200万~300万円(面積やデザインによって変わる)代々受け継がれるお墓の費用であれば納得できるのですが、受け継ぐ人がいなくなる可能性があるとすれば難しいところですね。

関連記事

  1. 葬儀にまつわるQ&A

  2. 葬儀アドバイザーからのアドバイス

  3. 気になる葬儀にかかるお金の話

  4. お墓の種類について

  5. 突然の臨終・葬儀にこまらないために

  6. 失敗しない葬儀社選び

おすすめ記事

  1. 介護福祉士の受験資格を緩和?
  2. 家族が認知症と診断されたら一番はじめにする事
  3. お墓の種類について
  4. 気になる葬儀にかかるお金の話
  5. お墓を買うなら必ずココをチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 介護保険では応益負担が基本原則で所得に着目した減免策は原則として導入されませんが実際はいくつかの減免…
  2. 臨終後の手続き死亡診断書を受け取る病院で亡くなった場合は臨終に立ち会った医師に、自宅でなくな…
  3. 年を取ると身体は若い時と同じようにはいきません。めんどくさがらず些細なことでもお年寄りの訴えには耳を…
  4. ホームヘルプサービスの開始の日はサービスを提供する事務所の責任者やケアマネなどが一緒にヘルパーと同行…
  • 簡単にわかる!遺産分割・相続順位・法定相続分
ページ上部へ戻る